Blog

“紫外線”のメッカ、沖縄から生まれた日焼け止め

肌が弱いんです。
「ノビ」より「ケアできる」UVクリームを。

水のようにスゥーッと伸びて軽い。これが当時の日焼け止めの主流でした。
でも首里石鹸の愛用者は「とにかく肌に負担が少ないこと」が重要でした。
日焼け止めを塗るとポツポツ赤みが出たり痒くなったり。キシキシするのも覚悟の上で何度も塗りなおすから肌が疲れる。塗れば塗るほどケアできるものがあれば・・・
そうなってしまうのは紫外線吸収剤を使った製品でした。

だから私たちが選んだ処方は「紫外線散乱剤」。
鏡のように紫外線を反射する処方。決して軽いテクスチャーとは言えませんが、その分、肌を労り、下地クリームとしても使える優しいモノに仕上がりました。

「コレなら毎日使えます。」
「夏場の外出が簡易になった。」
「保湿力も高いからエアコンガンガンの職場でも重宝している。」など、
嬉しい声をいただけました。
沖縄の紫外線と肌を労る発想が生んだ首里石鹸らしいUVクリームだなーと思う。

下地クリームとして使用できる優しい処方

肌思いの11素材と処方で下地クリームとしても使用できます。
SPF50+PA++++なのに肌に優しい。それを支える11素材(マンダリンオレンジ、海洋深層水、ダマスクバラ花水、ヒアルロン酸、蜂蜜、イタドリ根、ツボクサ、オウゴン根、マタタビ、茶葉、甘草)が、肌ストレスを最大限ケアします。
夏のレジャーはもちろん、冷房で乾燥する職場などでもおススメです。

「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」って?

どちらも塗ることで肌をバリアのようにコーティングしてくれる膜を作ります。
「紫外線吸収剤」は膜が紫外線を「吸収」してくれて、肌までダメージがない仕組みになっています。
これに対して「紫外線散乱剤」は紫外線を「反射」してくれて、紫外線を膜が跳ね返す仕組みになっていて肌負担が少ないとされています。
毎日使用するモノだからこそ、紫外線散乱剤・紫外線吸収剤の違いを理解した上で、上手に紫外線と付き合っていきましょう。

【オンラインショップ限定】
サンプロテクトUVクリームまとめ買いキャンペーン!

今回は、サンプロテクトUVクリームのお得な「まとめ買いセット」を2種類ご用意しました! お肌に優しい日焼け止めで夏の強い陽射しからお肌を守りましょう♪
【販売期間】2020年7月31日(金)~8月6日(木)まで

  • 採用情報
  • ウェディングカタログ
  • レビューを投稿して100POINT GET
  • Sui Savon Story
  • 新規会員登録キャンペーン

カスタマーサービス

お電話でお問い合わせの方※ご注文も受け付けております

TEL0800-000-3777

カスタマーサポート営業時間10:30~17:00(土日祝休み)

メールでお問い合わせの方

メールでお問い合わせをする